MOTA車買取デメリット5選!オススメしないのは最高値で売りたい人!

PR

 

MOTA車買取 評判

 

 

「MOTA車買取」は「申込み直後の電話がない」 車一括査定で、利用者が急増しています。

 

さらに「電話があるのは、査定価格が高い3社(最大)」など、今までの車一括査定とは違うサービスです。

 

しかし、「MOTA車買取」にはデメリットもあります。

 

この記事では

  • MOTA車買取のデメリット
  • MOTA車買取をおすすめしない人
  • MOTA車買取のメリット
  • MOTA車買取をおすすめする人
  • MOTA車買取を賢く使う方法

について解説します。

 

メリットについては、「あなたが知らないかもしれない最新情報」も紹介します。

 

「それマジ!?」ってビックリするかもしれませんので、最後までご覧ください。

 

記事内容は調査時点(2024年5月)の情報です。最新情報は公式サイトにて確認ください。

 

 

本記事の内容は、動画でも解説しました。

動画の内容は、本記事の簡易版です。ざっくり知りたい方は動画、詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

 

MOTA車買取のデメリット

MOTA車買取のデメリットは

  1. 地域によって買取店が少ない
  2. 大手買取店との提携が少ない
  3. すぐ売却できない(早くて翌日夜)
  4. 高値売却の可能性を見逃すかも
  5. オンライン査定額は低めを提示されるかも

5つです。

 

1.地域によって買取店が少ない

 

人口の少ない地域などでは、「MOTAと提携している買取店」が少ない場合があります。

 

「MOTAに申込んでも、1件も査定してくれなかった」というケースが過去にありました。(別記事「MOTA車買取に関する知恵袋7つの代表的な質問に回答!」参照)

 

「電話があるのは、査定価格が高い3社(最大)」というのは、最大3社という意味です。したがって、査定する買取店が少ない(0社・1社・2社)というケースもありえます。

 

「地域によって買取店が少ない」というのが、MOTAのデメリットです。

 

2.大手買取店との提携が少ない

大手買取店というのは、全国展開しているチェーン店のことです。

  • 都会にある大手買取店は、MOTAに加盟しているけど
  • 地方にある大手買取店は、MOTAに加盟してない

というケースが多いです。

 

例えば、ラビットは全国に約170店舗ありますが、MOTAに加盟しているのは12店舗だけです。

 

また、筆者おすすめの「オートバックス」に関しては、MOTAに加盟していません。(オートバックスおすすめの理由は車買取店おすすめランキング(根拠あり)をご覧ください)

 

 

大手買取店は高く買取るケースがあるので、チャンスを逃す可能性があります。

 

3.すぐ売却できない(早くて翌日夜)

 

MOTA車買取の特徴の一つは、査定結果が翌日18時までわからない点です。

 

査定を依頼したその日のうちに結果が得られないため、即座に売却を希望するユーザーにとっては不便です。

 

また、翌日18時というタイミングも微妙です。仕事や予定がある場合、結果を確認するのが遅れてしまうことがあり、その後の対応が遅れる可能性があります。

 

「査定結果をスグに知りたい」「早く売却したい」という人にとっては、「査定結果が翌日18時までわからない」というのはデメリットとなります。

 

4.高値売却の可能性を見逃すかも(最初は3社のみと交渉)

MOTA車買取のシステムでは「初期段階での交渉は上位3社のみ」という制約があります。

 

「3社のみと交渉」なので確かに効率的です。しかし・・・

 

 

4社目や5社目と交渉しない()ことによって「もっと高く売れる可能性」を見逃してしまうこともあり得ます。

 

実際には「4社目や5社目と交渉」することは可能です。後ほど「メリット」の「3.追加で他の会社にアプローチできる」のところで解説します。

 

ただ、初期段階の3社と交渉し始めると「面倒だから、上位3社に早く売却してしまおう」という気持ちになってきます。

 

「追加で他の会社(4社目や5社目など)にアプローチできる」ということは知っておいて損はありません。

 

5.オンライン査定額は低めを提示されるかも

 

MOTA車買取では「各社からの査定額は低めに提示される」可能性があります。

 

「査定額は低めに提示される」のには理由があります。オンラインでの査定では、実際の車の状態を正確に把握することが難しいです。このため、業者はリスクを避けるために慎重な価格設定を行うことになります。

 

現物を確認しない限り、車の細かいキズや内部の損傷などを見逃す可能性があり、こうしたリスクを避けるために、業者は無難な価格を提示するのです。

 

さらに、MOTA車買取では、オンライン査定で提示した金額より安く買取することが禁止されています(※)。

 

つまり、業者は一度提示した価格を後から減額することができないため、最初からリスクを避けた低めの価格を提示する傾向があります。

 

このように、各社の査定額は低めに提示されるので「本当に高く買取りしてくれるのがどこなのか?」「本当はいくらで売れるのか?」というのは、実車を査定してもらうまで分かりません。

 

※後ほど解説する「メリット」の「4.入札下限金額より高く買取してくれる」もご覧ください。

 

 

 

MOTA車買取をおすすめしない人

  • MOTA車買取に期待しすぎる人
  • 時間や労力をかけてでも高く売りたい人

このような人には、MOTA車買取をおすすめしません。なぜなら・・・

 

 

「MOTA車買取を使えば、絶対に高く売れる」という保証はないからです。

 

MOTA車買取のデメリットでお伝えしたように、あなたの車を査定してくれる買取店が少ない(0社・1社・2社)というケースもありえます。

 

したがって、「MOTA車買取に期待しすぎる人」「時間や労力をかけてでも高く売りたい人」には、「MOTA車買取」はオススメできません。

 

「絶対に高く売りたい!」という人には

  • 「MOTA車買取」以外の車買取サービスとの併用

をオススメします。

 

「MOTA車買取」以外の車買取サービス については、別記事で詳しく解説しています。

 

「車一括査定 やめたほうがいい?」危険を回避してやってみた【体験談】

 

MOTA車買取のメリット

MOTA車買取のメリットは5つ。

  1. 申込み直後の電話なし
  2. 電話は査定価格が高い3社(最大)のみ
  3. 追加で他の会社にアプローチできる
  4. 入札下限金額より高く買取してくれる
  5. 売買契約後のキャンセルが可能(条件付き)

 

1.申込み直後の電話なし

「MOTA」の流れは4ステップです。

 

mota車買取流れ

 

電話がかかってくるのは「ステップ3」です。申込み直後の電話はありません!

  • 電話は翌日18時以降
  • 電話してくるのは査定額が高い3社(最大)
  • 査定額はスマホやパソコンで見れる

翌日18時以降に、高い査定額の買取店3社(最大)から電話があるだけ!各社の査定額も見れちゃうので、余裕を持って電話対応できます!

 

「申込み直後の電話」がイヤだから、車一括査定をやらなかった人だちが続々とMOTAを利用しています。

 

2023年9月に月間利用申込者数が、49,000人を突破しています(株式会社MOTAの沿革 参照)。

 

\申込み直後の電話なし!/

 

 

2.電話は査定価格が高い3社(最大)のみ

@「MOTA」に申込む

A翌日18時までに、各社の査定額がネット上で見れる(最大20社)

B高額の査定額をつけた上位3社(最大)から連絡

という流れになります。電話は上位3社(最大)なので、ラクに対応できます。

 

 

3.追加で他の会社にアプローチできる

上位3社だけでは満足できない場合、追加で他の会社にアプローチできます。追加方法はカンタンです。スマホで気になる会社を選ぶだけです。

 

このように、上位3社だけでなく、4社目以降との交渉もあなたのペースで進めていけるのが「MOTA車買取」のメリットです。

 

 

4.入札下限金額より高く買取してくれる

「MOTA車買取」では「入札下限金額以下での買取禁止」となっています。

1. 入札下限金額以下での買取の禁止(第5条1項&3項)
詳細:ユーザー(売主)が登録した売却対象車両の情報と査定した実車に大きな相違が無いにも拘わらず、加盟店都合で減額することを禁止する。原則入札金額の下限金額以上で買取りするものとする。

 

つまり、「実車査定の時、減額しちゃダメ!」ということです。

 

このルール、「MOTA車買取」独自のものです。おそらく、他の車一括査定では導入していません!

 

気軽に安心して、車売却を進めていけるルールですね。

 

 

5.売買契約後のキャンセルが可能(条件付き)

「MOTA車買取」では「売買契約後のキャンセルが可能(条件:下記参照)」です。

2. ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止(第6条2項&3項)
詳細:売買契約後であっても車両引き取り日の翌日まではユーザー(売主)の希望があれば売買契約の解除を行うことができる。また売買契約の解除に伴い、買取店(買主)はユーザーにキャンセル料等の請求は出来ないものとする。

 

つまり、「車両引き取り日の翌日までキャンセル可能」ということです。

 

このルールもまた、「MOTA車買取」独自のものです。普通はありえない、車を売る人に寄り添ったルールです。

 

キャンセル方法については、別記事で詳しく解説しています。
MOTA車買取のキャンセルは簡単にできる!「査定だけ」でもOK?

 

 

MOTAは安心して利用できる!

「いくらで売れるかなぁ?」「高かったら売るかも」という人でもMOTAは利用できます。

 

結果的に「査定だけ」になってしまうことは問題ありません。その場合、途中でキャンセルすれば大丈夫です。

 

MOTAキャンセル方法

@MOTAに申込み
A翌日18時までに査定価格が出そろう(マイページで見れる)
B翌日18時以降に、査定額の上位3社(最大)から電話
電話やりとりで条件が合わなければ、断ってもOKです。

気軽にキャンセルできるので、安心して利用できます。

 

キャンセル方法については、別記事で詳しく解説しています。
MOTA車買取のキャンセルは簡単にできる!「査定だけ」でもOK?

 

「MOTA」のポイントまとめ

  • 申込み直後の電話なし
  • 査定価格がネットで見れる
  • 売りたくなければキャンセルできる

「車の売却が初めて」という人も安心して利用できるのが「MOTA」です。月間 49,000人もの人たちが利用しています。

 

 

 

 

\申込み直後の電話なし!/

 

 

 

「mota 車買取 デメリット」よくある質問

車 どのくらいで売れる?

一般的に、販売価格の6〜9割ほどであることが多くなります。ただし、自社の展示場で直販をしている買取り店であれば、販売価格の80%〜85%程度の査定額を提示してくることもあり得ます。
参考情報:中古車の買取価格は販売価格の何割くらい? | カーティクル!(ラビット)

 

中古車買取とは何ですか?

中古車買取とは、中古車販売業者や買取専門店などに直接車を売却して現金を受け取ることを指します。
参考情報:車下取りと車買取の違い|メリット・デメリット・実体験を紹介

 

Motaのキャンセル方法は?

MOTA車買取のキャンセル方法は、いくつかのパターンあります。


査定・売却をキャンセルしたい場合には、申し込み翌日18時以降に査定額上位の買取店から連絡があるので、買取店へ査定や売却をキャンセルする旨を伝えてください。


※マイページを含むMOTAサイト上ならびにカスタマーサポート等問い合わせ窓口では、キャンセルの依頼は受け付けてません。


また、売買契約した後の場合、車両引取日の翌日までであればキャンセル可能です。

 

車 査定 何する?

車の査定をするには、車の状態を確認する必要があります。外装、内装、電装部品、駆動系、オプション、タイヤの状態などです。具体的には、以下のような項目がチェックされます。

  • 外装:キズ、ヘコミ、塗装の状態
  • 内装:エンジンルームの状態、座席やトランクの状態
  • 電装部品:ヘッドランプ、バッテリー、キーレスエントリーシステム
  • 駆動系:トランスミッション、クラッチ
  • オプション:アルミホイール、カーナビ、レザーシート
  • タイヤの状態:溝の残りの有無

また、車に関する情報としては以下が挙げられます。

  • 車種
  • グレード
  • ボディカラー
  • 走行距離
  • 年式
  • 車検の有無
  • 自賠責保険の有無
  • 修復歴の有無

これらを確認することで、査定額を算出することができます。

 

 

MOTA車買取 関連記事