ポルシェ ケイマン 買取・下取り査定相場表

PR

 

2024年 5月時点の相場表

2022年式 (令和4年式)

型式: 982L40買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンGT41434万円〜1542万円1147万円〜1233万円

 

2021年式 (令和3年式)

型式: 982M40買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンGTS 4.01117万円〜1301万円893万円〜1040万円
型式: 982L40買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンGT41203万円〜1372万円962万円〜1097万円

 

2020年式 (令和2年式)

型式: 982M40買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンGTS 4.01057万円〜1104万円845万円〜883万円
型式: 982L40買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンGT41222万円〜1266万円977万円〜1012万円
型式: 982J2買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンS708万円〜890万円566万円〜712万円
型式: 982J1買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマン599万円〜793万円479万円〜634万円

 

2019年式 (令和1年式)

型式: 982J2買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンGTS674万円〜1018万円539万円〜814万円
718ケイマンS693万円〜788万円554万円〜630万円
型式: 982J1買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマン488万円〜761万円390万円〜608万円

 

2018年式 (平成30年式)

型式: 982J2買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンGTS777万円〜954万円621万円〜763万円
718ケイマンS628万円〜749万円502万円〜599万円
型式: 982J1買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマン378万円〜711万円302万円〜568万円

 

2017年式 (平成29年式)

型式: 982J2買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンS612万円〜742万円489万円〜593万円
型式: 982J1買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマン348万円〜721万円278万円〜576万円
型式: 982H2買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンS678万円〜720万円542万円〜576万円
型式: 982H1買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマン418万円〜627万円334万円〜501万円

 

2016年式 (平成28年式)

型式: 982H2買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマンS463万円〜699万円370万円〜559万円
型式: 982H1買取り価格相場下取り査定相場
718ケイマン499万円〜611万円399万円〜488万円
型式: 981MA123買取り価格相場下取り査定相場
GTS564万円〜958万円451万円〜766万円
459万円〜604万円367万円〜483万円
型式: 981MA122買取り価格相場下取り査定相場
303万円〜448万円242万円〜358万円
型式: 981DBX買取り価格相場下取り査定相場
GT4826万円〜1141万円660万円〜912万円

 

2015年式 (平成27年式)

型式: 981MA123買取り価格相場下取り査定相場
GTS768万円〜931万円614万円〜744万円
408万円〜660万円326万円〜528万円
型式: 981MA122買取り価格相場下取り査定相場
257万円〜513万円205万円〜410万円
ベースグレード300万円〜554万円240万円〜443万円
型式: 981DBX買取り価格相場下取り査定相場
GT4951万円〜999万円760万円〜799万円

 

2014年式 (平成26年式)

型式: 981MA123買取り価格相場下取り査定相場
GTS601万円〜873万円480万円〜698万円
230万円〜545万円184万円〜436万円
型式: 981MA122買取り価格相場下取り査定相場
239万円〜475万円191万円〜380万円
ベースグレード231万円〜571万円184万円〜456万円

 

2013年式 (平成25年式)

型式: 981MA123買取り価格相場下取り査定相場
547万円〜552万円437万円〜441万円
423万円〜604万円338万円〜483万円
型式: 981MA122買取り価格相場下取り査定相場
314万円〜521万円251万円〜416万円
ベースグレード298万円〜494万円238万円〜395万円

 

相場は車オークションで売買されている価格等を参考にしました。
買取店の買取り価格は [表より低め] と考えてください。

 

車一括査定3つの危険ポイントとは?

車一括査定 危険

 

「車を高く売るなら、車一括査定がおすすめ」という記事を見たことがあるかもしれません。

 

しかし、車一括査定はメリットだけでなく、トラブルの危険性もあります。

 

これから

  • 車一括査定3つの危険ポイント
  • 危険回避できる「最新の一括査定」

について解説します。

 

「車一括査定」の危険ポイントは3種類あります。

  • @申込み直後の電話
  • A査定価格の減額
  • B悪徳な手口

@ABそれぞれ詳しく解説します。

@申込み直後の電話

危険ポイント1つ目は「申込み直後の電話」です。

 

私の例だと・・・
一括査定に申込んだ直後に1社目の電話(ビッグモーター)。その直後に2社目、3社目・・・続々と着信があり、かなり疲れました。

 

多くの買取店とやりとりすると、グッタリ疲れちゃいます。

 

ところが!
「最新の一括査定」は「申込み直後の電話」がありません!

 

 

 

A査定価格の減額

危険ポイント2つ目は「査定価格の減額」です。車買取業界では 再査定(2重査定) と呼ばれています。「契約した後に、査定価格を減額する」という方法です。

 

国民生活センターが発表したトラブル事例の一部を紹介します。

契約後の査定額の減額
【事例6】
 修復歴を告げ、2回も査定して決まった売却額が、突然減額された。
【事例7】
 引き渡した10日後に、事業者から一方的に契約を解除すると言われた。

 

 

B悪徳な手口

危険ポイント3つ目は「悪徳な手口」です。「悪徳な手口」を3つ紹介します。

  • 強引な買取
  • 売却代金が支払われない
  • 名義変更されない

強引に安い価格で買取ったり、せっかく高く売っても代金未払いになったり、名義変更してくれなかったりなど、どのトラブルも悩ましい問題です。

 

 

危険回避できる「最新の一括査定」

「車一括査定」の危険ポイント3種類を紹介してきました。

  • @申込み直後の電話
  • A査定価格の減額
  • B悪徳な手口

「@申込み直後の電話」がイヤで車一括査定をやらないという人がたくさんいます。

もったいない考えです。なぜなら・・・

 

今までの車一括査定 = 申込み直後の電話

今までは当たり前と思われていました。

 

しかし、これからは違います!

 

最新の車一括査定 = 申込み直後の電話なし

これからの当たり前になっていきます!

 

申込み直後の電話がない「最新の車一括査定」というのが・・・

 

 

「MOTA」です!

「MOTA」の特徴

  1. 申込み直後の電話なし
  2. 電話は査定価格が高い3社(最大)のみ
  3. 追加で他の会社にアプローチできる
  4. 入札下限金額より高く買取してくれる
  5. 売買契約後のキャンセルが可能(条件付き)

 

 

「MOTA」を使うことで

  • @申込み直後の電話
  • A査定価格の減額
  • B悪徳な手口

これらの危険ポイントを回避できます。

 

つぎに、「MOTA」の特徴について詳しく解説します。

 

1.申込み直後の電話なし

「MOTA」の流れは4ステップです。

 

mota車買取流れ

 

電話がかかってくるのは「ステップ3」です。申込み直後の電話はありません!

  • 電話は翌日18時以降
  • 電話してくるのは査定額が高い3社(最大)
  • 査定額はスマホやパソコンで見れる

翌日18時以降に、高い査定額の買取店3社(最大)から電話があるだけ!各社の査定額も見れちゃうので、余裕を持って電話対応できます!

 

「申込み直後の電話」がイヤだから、車一括査定をやらなかった人たちが続々とMOTAを利用しています。

 

2023年9月に月間利用申込者数が、49,000人を突破しています(株式会社MOTAの沿革 参照)。

 

\申込み直後の電話なし!/

 

 

2.電話は査定価格が高い3社(最大)のみ

@「MOTA」に申込む

A翌日18時までに、各社の査定額がネット上で見れる(最大20社)

B高額の査定額をつけた上位3社(最大)から連絡

という流れになります。電話は上位3社(最大)なので、ラクに対応できます。

 

 

3.追加で他の会社にアプローチできる

上位3社だけでは満足できない場合、追加で他の会社にアプローチできます。追加方法はカンタンです。スマホで気になる会社を選ぶだけです。

 

このように、上位3社だけでなく、4社目以降との交渉もあなたのペースで進めていけるのが「MOTA車買取」のメリットです。

 

 

4.入札下限金額より高く買取してくれる

「MOTA車買取」では「入札下限金額以下での買取禁止」となっています。

1. 入札下限金額以下での買取の禁止(第5条1項&3項)
詳細:ユーザー(売主)が登録した売却対象車両の情報と査定した実車に大きな相違が無いにも拘わらず、加盟店都合で減額することを禁止する。原則入札金額の下限金額以上で買取りするものとする。

 

つまり、「実車査定の時、減額しちゃダメ!」ということです。

 

このルール、「MOTA車買取」独自のものです。おそらく、他の車一括査定では導入していません!

 

気軽に安心して、車売却を進めていけるルールですね。

 

 

5.売買契約後のキャンセルが可能(条件付き)

「MOTA車買取」では「売買契約後のキャンセルが可能(条件:下記参照)」です。

2. ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止(第6条2項&3項)
詳細:売買契約後であっても車両引き取り日の翌日まではユーザー(売主)の希望があれば売買契約の解除を行うことができる。また売買契約の解除に伴い、買取店(買主)はユーザーにキャンセル料等の請求は出来ないものとする。

 

つまり、「車両引き取り日の翌日までキャンセル可能」ということです。

 

このルールもまた、「MOTA車買取」独自のものです。普通はありえない、車を売る人に寄り添ったルールです。

 

 

MOTAは安心して利用できる!

「いくらで売れるかなぁ?」「高かったら売るかも」という人でもMOTAは利用できます。

 

結果的に「査定だけ」になってしまうことは問題ありません。その場合、途中でキャンセルすれば大丈夫です。

 

MOTAキャンセル方法

@MOTAに申込み
A翌日18時までに査定価格が出そろう(マイページで見れる)
B翌日18時以降に、査定額の上位3社(最大)から電話
この時の電話で、実車査定のキャンセルを伝えるだけです。

気軽にキャンセルできるので、安心して利用できます。

 

 

「MOTA」のポイントまとめ

  • 申込み直後の電話なし
  • 査定価格がネットで見れる
  • 売りたくなければキャンセルできる

「車の売却が初めて」という人も安心して利用できるのが「MOTA」です。月間 49,000人もの人たちが利用しています。

 

 

 

\申込み直後の電話なし!/

 

MOTA車買取 関連記事

 

MOTA車買取デメリット

 

MOTA車買取 評判

 

MOTA車買取キャンセル

.

Copyright (C) 2024 カーマネ/中古車買取価格・下取り査定の相場表2024年All Rights Reserved.